未分類

これからの課題

/*イントロダクションなのにもうこれからの課題が提示されてしまいました*/

AIと人間や他の動物との間には大きな情報処理の方法のギャップが存在しています.

これらの情報処理の方法の根底にある原理を基礎科学的に解明する必要があります.

また,近年のDeep learningの成果は教師あり学習によってもたらされたものが多いのですが,教師なし学習や教師あり/なし混合でも同じように成果を出す必要があります.

しかし,教師あり学習でも大量のニューロンを使って計算しており,数値最適化の難しさも相まって大量の計算リソースを消費しています.

これらの問題を解決することがこれからのDeep learningの発展に不可欠でしょう.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中